女性トレーサーのカバンの中身 -基本編‐

今回紹介するのは女性トレーサーのカバンの中身です!

パルクールをはじめる時、練習会に参加する時の悩みのタネ「何を持っていったらいいの?」という疑問にお答えしたいと思います!まずは基本の服装と持ち物から。

基本の持ち物と服装

動ける服装

動きやすいズボンと靴はパルクールをする際に必須です!怪我をしないためにも自分に合った靴や動きやすい服装で参加しましょう。

ガウチョパンツやストレッチの効いたスキニーパンツなどで練習すると、着替えなくて済むのでおすすめです。冬だと上の服は動き始めて体が温まったら簡単に薄着になれるようにTシャツやパーカー、トレーナーなどを重ねてきてると体温調節が楽ですよ。

その他にも特に女性の方だと気を付けたいのがインナーです。汗をかいて下着が透けたり、ジャンプした際にお腹や背中が見えてしまうことがあるので、できればTシャツの下に1枚タンクトップなど裾をズボンに入れれる服を着ることをお勧めします。

パルクールシューズやウェアの紹介記事はこちら▽
パルクール×ガウチョ=かわいい!
OLLO Sapien 【パルクールシューズ】
KO-Drops 【パルクールシューズ】
パルクールの道具紹介一覧

飲み物

他の運動と同様に、パルクールをする時も水分補給が重要です。たくさん汗をかく夏はもちろんのこと冬にも水分補給はかかせません。

冬は水筒に温かい飲み物を入れておくと、水分補給と兼ねて身体を中からあたためることができるのオススメです。汗をかかないからといって、水分補給をしないのはNGです。汗はかいていなくとも、乾燥などで身体の水分は減っていきます。

ただ、夏場のようにごくごくと飲めないのも確かなので、冬は水筒にあたたかい飲み物を入れておくと、水分補給といっしょに身体を中からあたためることができるのでおススメですよ。練習の合間にホット一息つきましょう。(なんちゃって)

タオル

汗をかいたときはやっぱりタオルがあるといいですよね。外での練習はどうしても手が汚れることもあります。手を洗った後に可愛いタオルでふきふきしちゃいましょう。

お財布

急なスポット移動や、室内練習、練習後の食事など、どこかで急な出費があるかもしれないので持っておくに越したことはないですね。

保険証

財布やカバンに入れて持ち歩くことをお勧めします。怪我をしたり、いざという時に周りの人が対応できるのであるに越したことはありません。

女性トレーサーにおすすめ!

 

ここからは女性トレーサーにおすすめの、持っていると便利なグッズの紹介です。

着替え

練習場所までの移動の間、練習着でそのまま移動する人もいればその前に用事があって、スカートなどで出かける人もいると思います。

用事がなくても都心部の駅を経由したり、人気の多い場所をスウェット姿で歩くのに抵抗がある方もいるかもしれません。そういう方は練習着を持って行きましょう。

髪留め

これが意外と忘れがちな重要アイテム、ヘアゴムとヘアピンです。普段は気にならない前髪や横髪が、動いているとどうしても邪魔になってしまうので、持っていってて損は無いです!

こういう小物にこだわれるのも、女の子ならでは。お気に入りの可愛い髪留めを見つけて練習のやる気スイッチにしちゃいましょう。

絆創膏

どんなに注意して練習していても、怪我をしてしまうことがあります。ちょっと皮がめくれている程度でも、むき出しだと冷たい風が沁みたり、雑菌が入ってしまうので、念には念を入れてカバンに潜ませておきましょう。

自分が持っていれば練習仲間が怪我したときも安心ですよね。ただ、怪我には十分注意して練習してくださいね。

ウェットティッシュ

なくてもいいですが、もっておくと便利なのがウェットティッシュです。水道が無い場所で手を綺麗にできたり、怪我をしたときにまわりの汚れもきれいに拭くことができ、練習場所に落ちてしまった血も拭き取れます。

スマートフォン

今の時代LINEやTwitterをはじめ多くのSNSをで連絡を取りながらスポットを移動することも少なくありません。練習に参加している人と連絡が取りやすいように連絡手段は持っておきましょう。

また、練習の動画や練習仲間の面白い瞬間など携帯に収めておくと、その日の練習内容や楽しかったことを思い返せます。上手くなるために自分の動きを動画に収めて見直すことも大切です。

かばん

これらの持ち物をいれるのはなんでもいいですが、大きめのカバンでひとまとめにできると練習場所を移動するときも楽なのでいいと思います。ほとんどの人がリュックを使っているように、両手が使えるようなものがいいと思います!

おまけ

カメラ(携帯、一眼レフ、アクションカムなど)

もっとパルクールがうまくなりたければ、自分の動きをカメラに収めましょう!第三者目線で見ると自分の動きのどこがおかしいのか、間違っているのか、ぎこちないのかなど、修正点がよくわかります。スローモーション機能などを使ってじっくり確認するのがおすすめです!

撮影の際に携帯電話やカメラを固定する三脚があると便利です。100円ストアでも売っていたりするので手に入れてみてはいかがでしょうか。

かっこいいパルクール動画をつくりたい!という方には一眼レフやアクションカムがおすすめです。しかし、高価な買い物になるのでしっかり考えてから購入しましょう。携帯カメラでも十分な画質で撮影でき、さらに無料の動画編集アプリなどもたくさんあるので、無理に高額なカメラを購入する必要はありません。

スマートフォンで使えるオススメの無料編集アプリは別の記事で紹介したいと思います。

ビニール袋

服やタオルが濡れてしまった時、ゴミが出た時などに、あるととても便利なビニール袋。幅も取らないので1つカバンに入れてていいアイテムです。

間食

長時間練習しているとおなかがすきますよね。練習して疲れた体に甘いものは至福ですが、練習直後にタンパク質や炭水化物をとると筋肉が回復されやすいので気にしてみてはいかがでしょうか。
練習仲間に配れるお菓子があると喜ばれるかもしれませんね。


Twitter Facebookをフォローして更新情報をゲット!