【NAWG2017】北アメリカ最大規模の女性限定パルクールイベント参加レポート【1日目】

北アメリカ最大規模の女性限定パルクールイベント NAWG2017

こんにちは泉ひかりです。

7月29日−30日、マサチューセッツ州ボストンで開催された北アメリカ最大の女性限定パルクールイベント「North America Women Gathering 2017」 に参加してきました!

わたしは昨年コロラド州で開催されたイベントに引き続き、今回で二回目の参加でした。
このイベントを運営するのは毎回開催地の人なので、前回と比べてがらっと雰囲気の違う練習会になりとても新鮮でした。

イベントページ http://www.womensparkourmovement.com/schedule/

スケジュール

Day1(女性限定)

9:00 イベント1日目開始:自己紹介/ウォーミングアップ

10:00 ワークショップ

11:00 チャレンジハント

13:00 お昼ごはん

14:00 チャレンジハント・自由練習

18:00 イベント終了

Day2(男女混合)

9:30 イベント二日目開始:自己紹介/ウォーミングアップ

10:45 ワークショップ

11:45 お昼ごはん

13:30 室内自由練習

16:00 イベント終了

17:00 おまけイベント:ボーリング

▷2日目のレポートを読みたい人はこちら

Day1

9:00 イベント1日目開始:自己紹介/ウォーミングアップ

イベント開始は朝の9時、小学校からのスタートです。

10分前くらいに到着するとすでに20人位女の子が集まっていて、自己紹介をしていました。

その中にはこのイベントのためにヨーロッパや日本から来ていた女の子たちも。パルクール女子の行動力にビックリです。

イベントは自己紹介を組み込んだ遊びから始まりました!

まだ話したことのない人とペアを組んでを挨拶をし、名前、好きな本、好きな靴を互いに教えあいます。終ったら次の自己紹介相手を探し、同じように教え合います。これを3人に行い一旦ストップ。

「一番最初の人をもう一度探し相手の名前と好きなものを確認してきて!」と言われ皆最初のパートナーのもとへ。

名前と好きなものの確認が終わったら、ストレッチです。

パートナーの頭をの上に軽く手のひらで抑えて上下左右に大きく動かします。頭を抑えられてる方は足を動かさずに、相手の手から頭が離れないように体をぐにゃぐにゃ動かします。

ゆったりした動きですがこれが意外と難しいんです。そして終わってみるとすごく体がほぐれて温まっていました。

その後4人組、8人組とどんどん人数を増やしながらウォーミングアップをすすめ、
最後は大きな円になり、プランクの体制をキープしながら、一人が右手で左側の人をタッチする動きをします。これを時計回りに順番に真似していき、全員終ったら終了です。

10:00 ワークショップ

1時間と思えないハードなウォーミングアップのあとは4つのテーマから自由に選んで参加するワークショップが始まりました。

1.Introduction to Parkour

その名の通り、初心者のためのコース。
そもそもパルクールとは?から始まり、基礎の技を学んでいける未経験者も参加できるワークショップ。

2.Control & Speed

動きのスピードや身体のコントロールの方法を学ぶコース。
いかに素早く効率良く動くか、その際に足が引っかかったりしても怪我をしないような受け身の方法など、2.3人で小さいチームを組んでお互いの動きをチェックしたりタイムを測ったりしながら動きを極めていきます。

3.Facing Fear in your Movement

恐怖心の克服方法を学ぶコース。
最初に100%安全で、安心して挑戦できる場所で少し難しい動きの練習をしてから、コンクリートや高いところなどの怖い場所でも同じ動きをできるように練習します。

4.Get Weird: Moving outside the box

決められた条件下で自由に動く方法を学ぶコース。
チョークを使って自分たちでコースを作り、いろんな攻略方法を考えたり、人間アーチの下を通りながらプレシジョンをするなど、限られた条件下でも自由に動けるように練習します。

Control&Speedに挑戦!

わたしは2番のControl & Speedを選択しました。
このコースでは最初に、みんなでPKロールの練習から始めました。
動きにスピードを付けるということは、それだけミスをしたときに怪我をする可能性がどうしても上がります。飛び越える動作で足が引っかかったときや、プレシジョンをして跳ね返ってしまったときの後ろ向きのロールなど様々なパターンを想定して練習をしました。

その後は2,3人に分かれて自分たちで練習する動きを決め、同じ動きを何回も繰り返します。反復練習をするうちに、体をコントロールできるようになり、動きの無駄がなくなりスピードがあがります。

これがすごく面白いんです!

1つの同じ障害物に対して、みんな挑戦の仕方が違うので、他の人の動きを真似したり、ひたすら自分の動きと向き合ううちに、ただ壁を超えるだけの練習であっという間に時間が過ぎてしまいました。

そして最後は、追いかけっこをしました。

一人は障害物のあるコース、もうひとりはスタートラインから倍ぐらい離れた位置から障害物のないコースを一直線に全力疾走して追いかけます。

障害物コースの走者は、もう一人に追いつかれないようにゴールしなければいけません。そのため、素早く障害物を越えるためのフロウのイメージトレーニングと、実践での失敗を踏まえて試行錯誤を何度も繰り返します。

これを何回か繰り返し追いつかれないようにゴールまで行けるようにします。「不審者に追いかけられたときを想定して全力で逃げて!」って言われてすごく実用的な練習だなと思いました。笑

11:00 チャレンジハント

ワークショップが終わると、8人でチームを作り、配られたプリントに書かれてる課題をこなす「チャレンジハント」の始まりです。

プリントには個人で挑戦するごとにポイントが貰える技や、チームメンバー全員で一斉に挑戦するものもあり、個人のスキルアップはもちろんみんなと仲良くなれるように工夫されていました。

挑戦する内容も徒歩圏内にある3つのスポットに散らばっており、ボストンの街中を見物しながらパルクールができて楽しかったです。

13:00 お昼ごはん

お昼ごはんは各グループで近くのモールや市場にいって好きなものを買って食べました。

14:00 チャレンジハント・自由練習

チャレンジハント最後の場所に移動し、ココで集合写真をパシャリ。
その後はチャレンジハントの続きをしたり自由練習をしました。

16時頃にさらに別のスポットに移動。
そこで無料のピザが振る舞われました!さすがアメリカ!そして美味しい!

18:00 1日目イベント終了

18時前に1日目のイベントは終了。

主催者からの軽い挨拶が終わった後、面白いスポットがあるから行きたい人はついておいでと誘われ
すでにクタクタの状態でついていくと、そこには「パルクールパークだ!」と思うほどの面白そうなスポットに!

そこで20時まで練習して1日目のNorth America Womens Gathering、女性だけのイベントは終了しました。

楽しくて時間が経つのがあっという間でした。20時と言えどまだ完全に日も沈んでおらず、夕方くらいの明るさだったので時間を見てビックリしました。
その後も(私を含む)一部の人達は次の日があるというのに22時まで練習していました。笑

▷2日目のレポートはこちら

画像提供 Natalia LaPré Boltukhova
www.pedalpowerphotography.com (photography)
www.backstepsforward.com (a blog-like adventure/travel website)

 


Twitter Facebookをフォローして更新情報をゲット!